2010年04月30日

山田シェフとの会話

今年は冬季が慌しくて、なかなか友人でもある藤枝のケーキ屋さん、レ・トゥーヌソルの山田シェフのところへ伺えませんでした。
先方も、冬場は忙しい時期。邪魔するのは気が引けます。そんな中、先日落ち着いた頃だと思い、久しぶりに話込みました。

お茶うけ屋の仕組みや、数字の話など色々と説明をしながら話こんだのですが、いつもありがたいアドバイスを頂きます。
きっと山田さんは、問答を繰り返しながら、私たちの中に不明瞭な点、弱い点がないかを探して下さっているんだろうなと感じました。

別件で伺ったのですが、お茶うけ屋の話で長時間引っ張ってしまいました。笑

最後に山田さんに言われたのが、
「僕らが知り合った頃から、ずっと農家のお茶を何とかしたいと言っていたけど、ここ1〜2年でものすごく具体的に見えて来たよね!すごくいいよ。これなら大丈夫。やっていけるよ。」って。

本当にそう!新しい試みです。
たくさん周りの方に支えてもらってきました。山田さんとも本当に偶然の出会いでしたが、ずっと関係が続いています。人のご縁は不思議不思議摩訶不思議。

でも、必ず出会うべく人とは出会えるのだと実感します。
だからこそ、出会えた時に、す〜っと近づけるようにいつもありたい。気張ると良い事ないですから。笑

山田さん、いつもありがとうございます!

ということで、ケーキ屋さんだけど、「地元静岡茶を盛り上げたい!」と4年前から始めた、山田さんちのグリーンデイズイベント

今年もやりますよ〜!
6月5,6日(土日)
●店内では、地元藤枝茶を使ったお茶ケーキが並びます!
●マルヒデ岩崎さんが、お茶師ブレンドを体験するコーナーを出展します。
●私も地元牧之原茶を飲みながら、牧之原の歴史を体験して頂きます。




posted by お茶うけ屋 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

たんとできた。

お茶うけ屋のオリジナル茶袋が、とうとう完成!
先日、吉村紙業さんから納品されました。
で〜んと、たくさん出来ちゃいました。

4201.jpg

営業担当の方が、直接手渡しで納品してくれて、中身を確認。
営業の方も、完成を喜んでくれました。^^営業マンとしては、この納品日が一番嬉しい日なのだとか。だから、絶対に自分で納品するんだそうです。

確かに、そうでしょうね〜。色々と打ち合わせをしながら作り上げた工程の最終日ですもんね。本当にありがとうございました。

さてと、早速この袋を持って関係者のところを回らなくては。
茶農家と日本茶の消費者との絆をつむぐプロジェクト。

気負わず、やっていきますか。
わくわくするなぁ。

posted by お茶うけ屋 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

オリジナル焙烙が、ギャラリー愉楽さんで手に取れる♪

こんにちは

春になっても、オリジナル革カバー付き焙烙のご注文をいただいています。ありがとうございます!

人のご縁は不思議で、紹介&紹介でつながって行くので本当に驚いています。

さてさて、そんな中。

2162.jpg

滋賀県大津市のギャラリー愉楽さんで、お茶うけ屋オリジナル焙烙を販売して頂けることになりました♪ありがとうございます!

2168.jpg

ギャラリー愉楽さんは、陶芸家岩崎政雄さんの作品を手に取れる、古民家ギャラリーで、奥さまの三知子さんが運営しています。ギャラリー以外に色々なお茶サロンなどもされています。

2170.jpg

東京の友人がうちの焙烙を紹介してくれてから、焙烙を2回ほど先方にお送りした後、1ヶ月もしない間に初顔合わせ。^^
早速、大津市まで行ってきました。

2167.jpg

短い時間でしたが、焙烙実演をしたり、お茶に関する色々とお話をしたり、美味しい手料理を頂いたりと、和気あいあい。

東京の友人が、あまりのスピード接近に驚いていたくらいです。笑

最初は、価格のこともあり、定番商品として扱うことを躊躇されていたそうですが、サロン等でお客様に焙煎し立てのお茶をお出しすると焙烙がとても喜ばれるのだそうです♪

そうでしょうね〜!(自画自賛:笑)

houroku1.jpg

三知子さん曰く、「とにかく家庭にある口に合わないお茶でも、やっぱり捨てるにはもったいないんです。だから、そういうお茶をどんどんと美味しいほうじ茶にする道具は、やっぱり必要な物だと思います。」
とのお話でした。

うん、うん。納得です。
それでね。
「最近、紅茶を焙じるのにはまっているんです。」とのこと。
え〜!紅茶も炒っちゃうんだ!すごい!
私はまだ未体験ゾーンですが、言われてふっと、12年前に勤めていた問屋の工場長が言っていた言葉を思い出しました。
「ほうじ茶の中に、紅茶を少しだけ混ぜると香りがよくなる。」それと関係しているのかしら?
とにかく、焙烙をお持ちの皆さん。一度お試しくださいね。

ということで、ギャラリー愉楽さんで、お茶うけ屋オリジナル焙烙を定番商品としてお取り扱い頂けることが決まりました!(ピンク・オレンジ・茶の3色)

houroku2.jpg

焙烙は手作りのため、少しずつ手に持った感じも違います。
お近くの方は、ぜひギャラリーで手に取ってみてくださいね。

と、焙烙だけじゃなくてね。^m^

2165.jpg

岩崎政雄さんのぽったりとした急須たちは、おうちでほっこりするには最適な道具です。^^ 私も岩崎さんのフリーカップを、珈琲だけではなくスープや豚汁、ぜんざい等にフル活用中です。

愉楽さんで毎月行われているお茶サロンでは、お願いすれば、ほうじ茶体験もさせてもらえると思いますよ!

今、愉楽さんのブログを見たら、四周年記念セールがあるようですね。
<4月18日、19日>
春のピクニック気分で、遊びに行かれてはいかがですか?

ギャラリー愉楽ホームページ

posted by お茶うけ屋 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。