2010年05月28日

ほうろくのサイズについて

夏に向うところですが、お茶うけ屋のほうろく&オリジナル革カバーは、ほうじ茶を作りたいと言う方のご自宅へと巣立っていきます。^^

大事に育ててやってくださいね〜!お願いします。

ところで、お客様から頂くメールを拝見すると、
「思ったよりも大きい!」というお声がちらほら。

1095.jpg

あれ?と改めて写真を見てみると、私が撮影した形だと、確かにご存知ない方にはサイズのイメージが湧きにくかったですね・・。申しわけありませんでした。

教えていただき、ありがとうございます。

ということで、改めてサイズが分かるように撮影しました。

size1.jpg

下地は、A4サイズのクリアケース。
脇には、30cmのものさしを置いています。

大きさは、24cm前後です。
この位あると、茶葉がくるくるとほうろくの中で踊り、こんがりと満遍なくロースト出来ます。

最初は、「思ったよりも大きい!笑」とおっしゃった方も、実際に炒ってみると、「この大きさがちょうどよいと、納得した。」とのお声。^^

そうなんですよね。小さすぎると、茶葉の動きが悪いんです。

size2.jpg

しかも、お茶うけ屋のほうろくは、口が広いので、炒り具合をしっかりと確認できるのもいいところです。^^

ここから、焙じの良い香りが、ぶわ〜っと立ち上がるんですよ♪

ということで、サイズのイメージが湧かずに躊躇されていた方がいらっしゃったら、本当にごめんなさい。

うちのほうろくは、こんな感じです。
よろしくお願いいたします。^^

焙烙&革カバーについては、詳細はこちらから。

タグ:ほうろく
posted by お茶うけ屋 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶うけ屋のほうろく紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

焙烙(ほうろく)の巻き方カードのイラストは。

新茶期に入り、色々な農家さんへおじゃましています。
撮影させてもらったり、試飲させてもらったり。
忙しい中、ありがとうございます。

今からは夏に向っていく季節ですが、手炒りほうじ茶を作るための「ほうろく」はコンスタントにお茶好きさんたちのところへ旅立っていきます。

けっこう、夏でもほうじ茶がおいしいんですよね。^^
冷たいほうじ茶が、けっこうおいしい。

sin-houzi.jpg

今年のほうじ茶専用茎茶も、一番おいしいところを仕入れました♪
香りがいいですねぇ〜。
(*写真は、仕入れ立てで選別前の茎を試し炒りしたもので、炒りにムラがありますが、選別後の茎は、もっときれいに仕上がります。)

ちなみに、ほうろくと一緒に送っている、ほうろくの巻き方のイラストは、革作家さんのお子さんに書いてもらっています。

11.jpg

もう、すごいすてきな作品を書かれる方で、一目見て彼女の絵に惚れてしまいました。このイラストも、手の感じやデフォルメの感じがとてもかわいい♪

せっかく、お父さんが作った革カバーなので、イラストは娘さんにお願いし、親子合作です。

本当に、お願いしてよかった〜!とってもかわいいです。

ありがとうございます。
posted by お茶うけ屋 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。