2010年06月24日

こんなに時間がかかっちゃった。

こんにちは、お茶うけ屋です。
っていってますけど、まだ準備室のままの「お茶うけ屋」です。^^;

なかなか、たった一つの事を起こすだけなのに、そのたった一つがとても時間がかかります。

お茶うけ屋をやりたいなと思ったのは、2006年2月のこと。
その時初めて、「お茶うけ屋」としてイベントに出展しました。あれから、もう4年以上経つんですね。

でもその過程は、正直言うと揺れ動く事が多かった。

色々な方に迷惑をかけながら、「大丈夫なの?大丈夫なの?」と自分のことを確認しながら来たという感じです。

たった一つの事を成す。いえいえ、成しちゃいないですね。
ただ、立ち上げるだけなのに、本当に時間がかかってしまいます。実際に時間がないわけじゃないのになぁ。

パートナーは、「今が一番のタイミング。」とよく言いますが、私は半分そう思い、もう半分は「もっと、もっと!」と自分の甘さを指摘します。^v^

でもね、今年はやっとやっと、重い腰があげられそう♪
「今が一番のタイミング」で、倉庫事務所と交流ができる場所とも出合えました。

今日は、喫茶ができるかどうか、保健センターに問い合わせを・・。
難しくてよく分からなかったので、日本茶カフェの友人に聞いてみようかな。

こんなに時間かかっちゃってるけど、今が一番のタイミング。
なんだか、お腹の底からわくわくして来るんです♪

死ぬまでお茶の仕事がしたい。
これ、私の超個人的な、わがままな想いです。
posted by お茶うけ屋 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 立ち上げへの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

「この味は!」という感動は?〜お客様からのメール〜

梅雨入りしましたね。
部屋の中がジメジメしてくると、なんとなく色々な物の匂いが気になりますね。
わが家は、毎日変わらず茎茶を炒って、焙烙での匂い消しが大活躍です♪

焙烙をご注文頂いたお客様とは、いつもメールでお話を伺うのですが、ある方から頂いた、嬉しいメールを一部ご紹介しますね!


食べ物で「この味は!」と感動することがありますでしょうか。
私の場合ですと、
  ・新鮮なこしあん(みずみずしい新鮮さ)
  ・たけのこの木の芽和え(木の芽とたけのこの香りの二重奏)
  ・いちごをたくさん使ったアイスクリーム(いちごの少し草っぽい新鮮な香り)
でして、自作ほうじ茶はこれに並ぶおいしさだと思いました。
友達にも布教したいと思います。(^^;)
そして、すばらしいほうろくをお送り頂いたことに、感謝いたします。


うわ〜い♪♪♪いえいえ、こんな嬉しいメールを頂けた、私の方こそ感謝いたしますです、はい♪ 本当に、ありがとうございます!

この香りというのは、いくら情報を共有してもネットではお届け出来ないものですからね。こうやって実際に香りに対する感動の共有が出来る
のは、本当に嬉しいです。^0^

ね〜♪本当に、良い香りなんですよね!!色々お試しいただいて、自分のお好みを探して下さいね。^^

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お茶うけ屋の焙烙とオリジナル革カバー
  商品はこちらから。

ほうじ茶専用茎茶
  商品はこちらから。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by お茶うけ屋 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。