2010年12月27日

焙烙のお手前研究にて

先日、私が茶道を習っている先生や仲間と一緒に、
海外の方に通じる、日本茶の手前について考える機会がありました。

茶葉は決まりがないので、道具に合わせて考えていきます。

1.jpg
私はもちろん、素焼き焙烙の手前を。

お茶を炒って、淹れて飲む一連の流れについて
色々と考えました。

おもしろいです。^^

家で炒って飲んでる分には、関係のない話なのかもしれませんが、
流れを作るだけで、動きが落ち着くから不思議な感じです。
2.jpg
友人は、新しく発案した道具を使って♪

3.jpg
女子3人で撮影会と思っていたのですが、
偶然の知人男性2名の来客で、カメラマン役に!!^0^
感謝です♪

楽しい一日となりました。
色々なことを、こうやって流れで考えてみるといいなと思った一日でした。

う〜ん。うまくいくといいなぁ。
それにしても、女子って強いなぁ・・・。
大好きだわ♪



posted by お茶うけ屋 at 18:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

さかのぼることで、より分かりやすいお茶の世界に。

寒くなりましたねぇ。><
あなたは毎日、どんなお茶を飲んでますか??

私は、お茶うけや気分に合わせて、色々と変えています。

でも、それら全ては、単一農園のお茶ばかりです。
一件じゃなったとしても、作り手が分かるお茶ばかり。

s-P1060776.jpg

だから、今飲むお茶を決める時には、
「誰にしようかなぁ〜♪」とつぶやくわけです。

まあ、最近では
「誰と誰にしようかなぁ〜♪」となることも多いのですが・・・。

つまり。
自分で味をブレンドしちゃいます。^^

お茶には何も決まりがないからこそ、自由に楽しむ事ができます。

でもなんとなく、「自由って言われても困るし!」
と、逆に難しいイメージがあるのかも・・。

自由って、難しいのかもねぇ。

不自由の中に、ちらりと自由さを盛り込むのが楽しいという言い方もありますしね。^^

s-P1060773.jpg

何も知らずに混ぜるのと、味をイメージしながら混ぜるのでは全く出来上がるものが違ってきます。

だからこそ、知る必要があるとも言えます。

単一農園茶を好んで飲むことで、今まで見えなかったお茶の世界が広がってくるんですよ〜。

とはいえ、今日は寒いので。><
あったかいお茶飲んで下さいね!!

2010年12月07日

「私のほうろくじゃ、こんな風に成長しないわ〜!」

しばきり園の秋の茶会に、お茶うけ屋の焙烙&ほうじ茶を持って参加しました。

この日は、とても良い天気♪ちょっぴり風がありましたが、温かくて11月終わりだとは思えないような気持ちの良い一日でした。

ブースの準備をしていたら、ブログの告知からほうろくを見に来て下さった方が朝からご来園下さいました♪^0^)/

11-1.jpg

広島のKさん。東京での用事の帰りに静岡でお茶散策しようと、ブログを見てここまで来て下さいました。嬉しくて記念撮影♪ありがとうございます。

11-2.jpg

微妙に違う手作りほうろくなので、手に持って一番馴染むものを選び、お好きな革カバーをその場で巻きました。イメージカラーの青色を選んだら、ピンクのアクセントがかわいらしいと喜んで下さいました。

またHさんは、すでにお持ちの既製品の焙烙を当日持参して下さり、オリジナル革カバーだけの購入希望だったのですが・・・・。

なんと〜!

微妙に違う手作りのほうろくを見て!
さらに黒く成長して行く、ほうろくの様子を見て!

3.jpg

「私のほうろくじゃ、こんな風にはならないわ〜。T0T)」と・・・・。
そうです。これが素焼きほうろくの魅力の一つです♪

ということで、新しいほうろく&革カバーと茎茶をご購入くださいました。^0^)/
ありがとうございます〜!
ぜひ黒光りするまで、育ててやってくださ〜い!

あ、文中にびっくりマークが多すぎますね。
少し、落ち着いて・・・。 ^^;

11-3.jpg

イベントならば、購入前に炒る練習も出来てちょうどいいですね。私も炒り方の説明ができるので、とても嬉しいです。^^

会場ではたくさんの方にほうじ茶作りを体験して頂きながら、家庭に眠っているお茶の再利用について紹介させてもらいました。

しばきり園の茎茶を使ったほうじ茶も、香りと味が濃く大好評でした♪

ほうろく好きのお客様とお会いできるのは嬉しいです♪
大事に育ててやってくださいね。^v^

広島Kさん、静岡Hさんのお茶生活がますます充実されますように!
タグ:ほうろく
posted by お茶うけ屋 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。