2011年06月23日

本当の「農園茶」の味わいとは?

こんにちは

お茶うけ屋のかなざわゆうです。

今日も、おいしいお茶。

    めしあがってますか? ^U^

*このメールは、お茶うけ屋のお客様に送らせて頂いています。


【本日のお茶うけ話】

@ 本当の「農園茶」の味わいとは?

A 2011年度産の山水園は、べっぴんさんです♪

B お茶うけ屋ニュース:『鷹匠1day cafe』に出店♪


〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜

@ 本当の「農園茶」の味わいとは・・・。

〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜


「まだ、言うのか?」と言われそうですが・・・。

今回の、一連の放射能の問題について。

「お茶は安全か?」と問われれば、

私は、「安全宣言は出ています。」と答えます。


「お茶は、安心か?」と問われれば、

私は、「お茶は、安心。
    
   でも人によって条件が違うから、強制はしません。
  
   ただ、私自身はいつものように、気にせず飲んでいます。」と答えます。



正直、この問題はとてもデリケートで、

業界内では「黙っていた方が、かしこい。」という声や

「黙っていればそのうち忘れるだろう。」という声、

政治的な力も関わって来ます。

(でもその前に、食べるモノの方が大変になるかもT0T)


その中で、私たちお茶うけ屋はどう考えて行動(発言)するか?は、

最初から、ものすご〜く深く、真剣に話合い、

それこそ、迷い、泣き、ケンカもしました。



私が、自分が葛藤した理由は、一つだけ。



お茶うけ屋は、

「新しい世代への日本茶の普及」をテーマの一つに掲げています。


参加くださっている農家さんたちは、その主旨に賛同してくださった方々です。



特に、昨年の大凍霜害の影響で、

農家が厳しい現状にあることは、私もよ〜く知っています。


だからこそ、

私たちが発言するほどに、お茶うけ屋に関わって下さる農家さんたちが、

もしかしたら、迷惑を被るかもしれない。という心配でした。



ただ、私たちの世代では、情報はほぼタダで、

隠してもダダ漏れしていくことを知っています。

大切なのは、「最終的にそれらの情報をどう判断・解釈するか?」なのですが、

実は情報の正確性は分かりにくく、判断がとても難しい。



黙っていることで、偏った情報が勝手に広がって行くことを一番心配しました。

誰かが検索をかけた時に、私たちの出す情報を拾ってもらいたいと・・・。



だからこそ、短期的な利益だけを見ずに、

長く、日本茶に信頼を持ってもらえる判断をしようと考えて、

「説明をしない。」というのではなく、

「より突っ込んで説明をする。ウソを言わない。」

という自分たちの姿勢を決めました。




そして、良いことも悪いことも、

自分の中の不安が取り除けるまで

お茶の問題だけではなく、放射能についても、

原発についても、色々と調べました。





でも・・・。



実際に、県内で荒茶の規制値超えが出た時には、


その数値が出たから「安心できない」ということではなく、


この問題を語ることで、農家を追い詰めることになっているのかも・・・と、

正直、表では強気な私ですが、個人的にはかなり動揺。T0T



そして、山水園の内野さんに、電話を・・・。(エリア内ではありません)


山水園さんは、山奥のどんじりで、

「農業やるなら、腰据えてやろうよ。」と言う考えをもっています。



うろたえている私に語ってくださったのは、4つ。


●「あるがまま」を見せればいい。

●「そっとしておく」という優しさもあるんだよ。

●「言いぱなしで、逃げない。」という厳しさ(誠実さ)を持つんだよ。

●「相手の行動」をコントロールしない。


という話でした。


もしかしたら農家に迷惑をかけているのか?生きにくくしているのか?と、

私は、涙声でうろたえていましたが、

電話を切るころには、もう一度冷静な自分、

自分を信じる自分を取り戻すことができました。感謝


 :
 :
 :
 :
 :
 :


この話と、農園茶の味わい方と、どんな関係があるの?


と、思うかもしれませんね。^^



農園茶というのは、その農園主の考え方が、お茶作りに反映されています。


これは、超個人的な感覚なのだと思いますが、


私が農園茶で味わっているのは、農園の人となりのようなものだと思います。



私の中には、「おおらかさ」や「冷静さ」「チャレンジ精神」など、


それぞれの農園に対する、『キャッチコピー』のようなイメージがあり、


農園茶を飲みながら、そのイメージをいただいています。



もちろん、農園によって味に違いはあるので、

結果としては、ワインのような差を楽しめるのですが、



私たちがお伝えしたいことは、もっと人間臭い部分なんだなと



この放射能の問題を本気で考えたことで、

改めて再確認させていただくことになりました。


お茶うけ屋が、販売をしていなかったら、

もっと発言に対する意識が、軽くなっていただろうと思っています。



食に関わる仕事は、本当に奥が深く、

改めて、ここに関われたことに感謝しています。




〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜

A 2011年度の山水園のお茶は、べっぴんさんです!

〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜〜


今年のお茶は、うまい〜!!


毎年、山水園のお茶は、

「とんがりがあるから、1年寝かせた方が好き」と言っていました。


・・・が〜〜!!!


今年は、その言葉を撤回します!!


すごく、べっぴんさん♪


一口飲んで、「あれ?今年のお茶、うまい。いつもと違う?」と・・・。



その後、2010年度と2011年度産のお茶を飲み比べて、


びっくり〜。全然違います。


え?どう違うのか?? ^m^



よかったら、サイトで詳細をご覧くださいね♪

http://ochaukeya.shop-pro.jp/?pid=32592135

↑=↑=↑=↑=↑=↑=↑=↑=↑=↑=↑=↑=




〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜

B イベントに参加します・鷹匠1day cafe @とりこ 

〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜〜

鷹匠1day cafe @とりこ

レンタルギャラリー&暗室  とりこ
   静岡市 葵区 駿府町 1?46  

7月3日(日) 10:00〜18:00

「食」をテーマに、元気な4人の女性が一日カフェを開きます。


*肉厚ながんもの間に、ご飯をはさんだ、楽しくておいしいGanmoバーガー♪
*静岡で作られた、新鮮で安全な有機野菜たち♪
*お茶うけ屋でも販売をしている、しょうが糖や万能みそダレなどの保存食♪
*静岡の単一農園茶やハーブティーに焙烙など♪


近くにお見えの際には、遊びにお寄り下さいね。






あなたのお茶生活も、

  おだやかに続きますように。


お茶を淹れるひと手間に、

  しあわせを感じますように。

  



かなざわゆう



☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

【お茶うけ屋】
http://ochaukeya.com/

【オンラインショップ】
http://ochaukeya.shop-pro.jp/

【お茶うけ屋企画室】
http://ochauke.seesaa.net/

【マニアな お茶時間】
http://sacocolo.cocolog-wbs.com/blog/

配信停止のご連絡や、お問い合せ
info@ochaukeya.com

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★


posted by お茶うけ屋 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

【お茶うけcha屋】をはじめます。

しとしと梅雨、ですねぇ。
お元気ですか?

震災からもうすぐ3カ月。
なんの気なしに、久しぶりの人と会うと、
震災話が、ちらりと会話に出てきます。

『立ち話もなんだから、
   お茶飲み話ができる空間を。』
と、ぶらりとお茶しながら過ごせる場所を作りました。

単一農園茶から問屋のお茶まで。
生茶から、仕上げ茶まで。
商品から、非売品まで。
もちろん、炒りたてほうじ茶も♪
色々なお茶を、自由にいれて、わいわい楽しみましょう。

ちょっぴりすぐ、目の前の話ですが・・。^^;

  【お茶うけcha屋】

開放日: 2011年6月10日(金) 13時〜17時(フリー)
場所:島田市幸町15−5 MAPはこちら
 ◆マップ上では、「岡戸会計事務所」と表記されている場所の1階です。(島田駅から徒歩6分)
チャージ: 500円(茶葉&お湯代)

●お茶うけの差しいれ大歓迎(^0^)/●
   〜手作り大歓迎です〜 
台所も、温める道具“チン”もあります♪

この日は、単一農園茶だけではなく、
私が一口食べて、即、販売を決めた
【手作り*しょうが糖】も、初お披露目です♪

これは、くせになる!笑

お問合せ・道に迷った際には、こちらへメールを。
info@ochaukeya.com


お一人様でも、お友達とも。
気軽にお茶しにいらしてくださいね。
posted by お茶うけ屋 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

メルマガより>新茶の話と、農家の気持ち

こんにちは

お茶うけ屋のかなざわゆうです。

今日も、おいしいお茶。

    めしあがってますか? ^U^

*このメールは、お茶うけ屋のお客様に送らせて頂いています。


〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜

『新茶』シールは、『初物』マーク!?


〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜


今年は、春一番最初のお茶作りが、

例年よりも10日遅くなったというのに、


なぜか、あ〜っと言う間に、

梅雨入りしちゃったようですねぇ。^^;


どうなっているの・・・。




北海道の初夏のお野菜たちも、

まだまだ、準備が出来ていないようで、

ゆ〜っくり、ゆ〜っくり生長しているようですね・・・。



寒くて、玉ねぎの苗も植えられないと、

北海道の友人が、嘆いておりました。


  お〜い! ^0^)/



あぁ、ごめんなさい。


このメルマガは、日本茶メルマガでした。


すっかり、旬の野菜が気になりだして・・・・。



さてと、お茶の話に戻しまして♪



きゅうりも玉ねぎもトマトもね。



  あ、また野菜だよ。−−;


いえいえ、続きを聞いてよねぇ。^v^;



一年中、野菜はスーパーに並んでいます。


旬がいつだか、分かりません。



同じように、

お茶も一年中並んでいます。


旬がいつだか、分かりません。



ええ〜!!


だから、旬は、春ですって!!


秋から春まで、半年間茶の木は休眠し、


ぐぐ〜っと栄養を蓄えて、春に新芽を出してきます。


これが、一年で一番、旨みや色々な成分の濃いお茶になり、


業界では、『一番茶』と呼んでいます。




一番、味が濃くて、香りもよくて、


どんな風に淹れても、おいしいんですよ〜♪♪ ^m^


それを、別名「新茶」と呼んでいます。




放射能の問題を続けて2回書きましたが、


その前に書いた、新茶@で、


一番茶が全体の80%と書きました。


ごめんなさい、これは訂正です。


●収穫量では、全体の40〜45%

●農家の収入では、全体の70%〜80%




あ、少し話がずれますが、

今、放射能でお茶に色々な課題が突きつけられています。


なぜ生産者や茶業関係者が、ここまで抵抗したくなるか???

(別に騒いでいる訳ではありませんけれど。)




皆さんだったら、どうでしょう?


少し、空想の世界へご一緒してください。^^


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜

〜〜〜


毎日、毎日。

暑い夏も、寒い冬も。

雨の日も、風の日も。


仕事はず〜っと一年間、同じようにあり、働いているんです。


自分たちの畑の管理だけじゃなく、


周囲の道の草刈りや、


水場の掃除。


そういう地域の管理も一緒にしながら、


一年間、春の収穫を楽しみに、仕事をしています。



皆さんだったら、どうですか?



一年間仕事するのに、その分の給料は、

春の一時でしかもらえないのです。



もちろん、それは一年分をなんとか暮らせる位に、


大きな金額になります。


春は、うまいお茶を作りたい!

そして、

一年分の収入を得られる大事な機会!



なのにですね〜!!!


今年は、一年分の給料が、


突然、降って湧いた放射能の問題で、


消えてしまうっというわけです。



仕事は、一年間ず〜っとやってきたし、経費もかかるし。


今年も、ず〜っと仕事は続くんです。



なのに、春の一瞬で、


一年分の収入がなくなるってえのは、


どうなんだぁ〜??? (江戸っ子風^v^;)




あなただったら、それは耐えられますか??



ぎゃ〜〜〜!!!!!

私だったら、本当にこまっちゃう〜!! T0T



だから作り手たちは、

本当に、本当に、

悔しい想いをしているということなのです。





起きていることは、しょうがないけれど・・・。


隠すことではないけれど・・・。



なんていうか、そういう気持ちだってことを、


少しだけ、想像してもらえると、うれしいなぁ〜。


〜〜〜〜〜

〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



と、またもや、大幅に話がずれました。笑



さて、新茶の話ですが。


今年の春の一番茶を、

とにかく出来たてを飲んでもらおう!

と用意したのが、『新茶』です。


その生産年の茶葉100%使用しています。



「新」というイメージで、

初々しい青い若葉の香りを残すため、


冬に購入するお茶よりも、茶葉そのものの香りがします。



でも、この『新茶』シールを貼れるのは、

6月いっぱいまで。

中身は同じでも、

この表示はなくなります。



夏以降は、『一年間通して安定した味のお茶』として、


それぞれの店頭に並ぶようになります。


ですから、

新茶とは、今年のデキを見るための、


ワインのボジョレーヌーボーと同じような存在。^v^



年間の生産量でいえば、

一番茶が全体の半分を占めていますから


1000円/100g以上するお茶は、

たぶん、一番茶を使用しているでしょう。
(流通によっては詳細不明ですが)



農園茶だったら、確実にそう言えます。


急ぎ、「新茶」を購入しなくても、


直売の農園茶で、1000円/100gを購入するようになれば、


一年間安定して、

一番うまいお茶を飲めるのです。^v^



だからこそ、


まずは、お茶うけ屋で

今年のお味を少しずつお試しをして♪



お気に入りの農園が見つかったら、


勇気を持って、直接注文するもおすすめです。^^



そろそろ、

お茶うけ屋にも、2011年度産のお茶が集まりだします。


一番のりで、牛小舎農園の自然農法深蒸し茶が入荷しました!

http://ochaukeya.shop-pro.jp/?pid=25501857



あ!

でも、まだこれから他の農園茶も集まりますから、


あまり急がずに、もう少しお待ちください。



せっかくならば、いくつか一緒にご購入いただく方が、


送料なども、お得ですから♪




それでは、

今日も長くなってしまった・・。^^;


おしゃべりしすぎ!?

ごめんなさいね。





あなたのお茶生活も、

おだやかに続きますように。



かなざわゆう


=========================

■ お買い物が、より手軽になりました!

お支払い方法に、クレジット機能をプラスしました。
 

=========================




<メルマガの配信停止について>

このメルマガ配信を停止したい方は、
info@ochaukeya.com
こちらのメールアドレスに、空メールをお送り下さい。
削除させて頂きます。


*このメルマガのアドレスに、返信していただくと、
お茶うけ屋にメールが届きます。
お気軽にご連絡くださいね。
もしよろしければ、ほうろくのその後のことなど、
教えてくださいね。お待ちしています。
ちゃんとほうろく君は、あなたのためにお仕事してますか?^v^

かなざわゆう



☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

【お茶うけ屋】
http://ochaukeya.com/

【オンラインショップ】
http://ochaukeya.shop-pro.jp/

【お茶うけ屋企画室】
http://ochauke.seesaa.net/

【マニアな お茶時間】
http://sacocolo.cocolog-wbs.com/blog/

配信停止のご連絡や、お問い合せ
info@ochaukeya.com

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★


posted by お茶うけ屋 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。