2010年12月01日

しばきり園で、ほうじ茶作り体験!

しばきり園の秋のお茶会に、ほうろくを持って参加しました。

12-1.jpg

天気が良くて♪青空の下で、ほうじ茶を炒れるなんて最高に楽しい一日でした。

どれくらい私が楽しんでいたかというと、小学3年生の子供に「おねぇちゃんはいつもそうやって、歌を歌っているの?」と真顔で質問されたくらい。^^; 

・・・え? 私、ずっと鼻歌を口ずさんでたの?笑

しばきり園のお客様にもほうじ茶作りを体験していただきながら、家庭に眠るお茶の活用法などをご紹介しました。

12-0.jpg

ガスコンロとはいえ、風のある中で火を起こすのはなかなか難しいですが、それでも実際にポップコーンのように膨らみ、食べてもサクサクしている茎茶に皆さん驚かれていました。

12-2.jpg

野外では、ほうろく一つじゃあまり香りは広がらないだろうと思っていたら、茶道の先生たちも「いい香りがふわりと漂ってきますよ。」とお茶を飲みに来てくれました。炒りたての香りは威力抜群ですね。

12-3.jpg

午後からは、一日お茶会を手伝っている子供たちが、ほうじ茶作りにはまったようです。^m^

何度も何度も、自分で茶葉をすくって炒っています。
もちろん、炒ったほうじ茶は自分たちで淹れて、お客様に配って回ります。

12-4.jpg

急須にお湯を注ぎ、みんなで大きな声で30秒を数えている様子。^^
積極的に炒りたがり、淹れたがり。しばきり園の子供たちは、みな好奇心の塊のようで、元気パワーをいただきました。^^

12-5.jpg

さすが、お茶屋の娘。5歳のかなみちゃんが、ほうじ茶の香りを嗅いでいる様子は、なんとなく貫禄があるように感じませんか?あまりにかわいくて、パチリ!

園主の渡さん曰く、「子供は火遊び好きだからなぁ〜。」
確かに小さい頃、やってはいけないと言われることをするのが楽しかった・・。^^;

12-9.jpg

でも、ほうじ茶作りは目で見て香りを嗅いで、緑色が茶色に変化する様子が分かりやすいからね。みんな、自分の作ったお茶が大好きになった様子でした♪

12-10.jpg
園主の奥さん、みほさんと一緒に。

本当に、しばきり園の皆さんには伸び伸びと会場を使わせていただき、ありがとうございました。

≪しばきり園は、こんな農園≫
こちらからごらんください。


杉山家はわいわいと楽しく、そして相手を大切に考える気質だというのが色々なところから伝わって来ました。

これからも、色々なところにほうろく持参でまいりたいと思います。^^
posted by お茶うけ屋 at 18:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

先日は、楽しく素敵な時間をご一緒できて
嬉しかったです。^^

近くに居たにも関わらず、ゆっくりとそちらに
お邪魔できませんでしたが、炒りたてのほうじ茶
の透明感に、驚いてしまいました。
キラキラとしたお茶、ご馳走さまでした。

あの空気、みんなの雰囲気も、お茶をぐ〜んと
美味しくさせてくれていたんだと思わずには
いられません。^^

私のところにも、終始良い香りが漂ってきていた
ので、お煎茶を淹れながら『あちらも是非!!』
と、おすすめしていました。(笑)

まだしばらくは手探りが続きそうですが、お茶に
寄り添いながら頑張ります。^^

寒さが厳しくなってきたので、身体にも心にも、
防寒対策万全で、お茶を楽しんでくださいね。

Posted by ひよこまめ at 2010年12月02日 23:22
◆ひよこまめさま
こんばんは!こちらこそ、始終賑やかに走り回っていて、ゆっくり出来ずに失礼しました。
でも、本当に楽しかったですね。^^
ひよこまめさんの淹れ方、発見があり勉強になりました。ありがとうございます。

いつも思うのですが、
お茶を使った企画をさせていただくと、
結局自分が一番ハッピーを頂けるなぁと感じます。^^

そうそう、手探りで十分前に進めるから大丈夫よ。^^
私なんて、ず〜っと手探りが続いてるけれど、だんだん五感が良くなってきたみたいですよ。意味不明ですね!^^;

お互いに、お茶楽しんでまいりましょう。
Posted by お茶うけ屋 at 2010年12月04日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171405848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。