2011年05月10日

コミュニティーサロンへの道

やっと、お茶うけ屋の最初の“基地”がデキマシタ。笑

ネットの交流も楽しいですが、
やっぱりお茶は、淹れて飲んで、食べて会話して。
この共有している時空間で、相手の様子が分かるというのも、お茶の良さ。

「どこか、畑があって、だだっ広くて、人が集まれる場所はないかな〜。」と思っていたところ。

ご縁があって、
お茶うけ屋の『出張事務所 兼 サロン』をお借りする事が出来ました。

しかも、東海道線島田駅から歩ける距離にです。
駐車場もなんとなくあります。(微妙な言い回しですね^m^;)

畑は、自宅前に借りてしまった後ですから、
逆に今は無くてよかったのだと思います。
2つも同時に、管理出来ませんから。

3.jpg

それよりも、お茶に関わるものとしては、
水回りが近くにあるかどうか?が重要。
空いているご自宅を開放して頂けるため、
台所ももちろんあるわけです。

だから、
ワークショップが開けます。
お茶会も出来ちゃいます。
お茶うけのお菓子や料理も作れます。
色々なお茶を飲み比べることもできます。
勉強会や打合せも出来ます。

今まで一人でポツンとお茶に興味を持っていた方も、
ここで色々な人たちと、交流が出来るのです。

『お茶が取り持つ縁』を数珠つなぎしていける場所。
どうやって運営していくかは、少しずつやりながら楽しんで♪^^

日本のお茶の広報を担っている『お茶うけ屋サロンショップ』として、活用していこうと思います。

お茶うけ屋は、こちらから!

●不定期オープンです。
ブログで、イベントの告知をさせていただきますね。
時々、チェックしていてください。^v^
お会いできるのを楽しみに♪
posted by お茶うけ屋 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 立ち上げへの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

こんなに時間がかかっちゃった。

こんにちは、お茶うけ屋です。
っていってますけど、まだ準備室のままの「お茶うけ屋」です。^^;

なかなか、たった一つの事を起こすだけなのに、そのたった一つがとても時間がかかります。

お茶うけ屋をやりたいなと思ったのは、2006年2月のこと。
その時初めて、「お茶うけ屋」としてイベントに出展しました。あれから、もう4年以上経つんですね。

でもその過程は、正直言うと揺れ動く事が多かった。

色々な方に迷惑をかけながら、「大丈夫なの?大丈夫なの?」と自分のことを確認しながら来たという感じです。

たった一つの事を成す。いえいえ、成しちゃいないですね。
ただ、立ち上げるだけなのに、本当に時間がかかってしまいます。実際に時間がないわけじゃないのになぁ。

パートナーは、「今が一番のタイミング。」とよく言いますが、私は半分そう思い、もう半分は「もっと、もっと!」と自分の甘さを指摘します。^v^

でもね、今年はやっとやっと、重い腰があげられそう♪
「今が一番のタイミング」で、倉庫事務所と交流ができる場所とも出合えました。

今日は、喫茶ができるかどうか、保健センターに問い合わせを・・。
難しくてよく分からなかったので、日本茶カフェの友人に聞いてみようかな。

こんなに時間かかっちゃってるけど、今が一番のタイミング。
なんだか、お腹の底からわくわくして来るんです♪

死ぬまでお茶の仕事がしたい。
これ、私の超個人的な、わがままな想いです。
posted by お茶うけ屋 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 立ち上げへの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

販売をすることについて、私たちの考え方

こんにちは!
う〜ん、寒くなったり暖かくなったり。
ちょっぴり、差が激しすぎますね。

ところで私たちは、お茶販売の準備をしています。

お茶と言っても色々とありますし、これだけお茶の販売をしている方がいるのだから、わざわざ私たちまで入って行かなくてもいいんじゃないのかな?と、2人で話込むこともしばしば。

誰かの迷惑になるのかなぁ?と思うと、悩むことも。

でも、結局は「お茶の販売をする」という方向で話し合いが決まりました。

ロゴシール.jpg

『お茶うけ屋』というネーミングからも分かるように、最初はお茶うけとなるお菓子や茶道具を中心に販売をしながら、日本茶のPRサポート、特に私たちは直販農家のサポートをしようと考えていたのですが、ある方に言われた一言で、一から考え直すことにしたのです。

ある雑誌の取材で、お茶うけ屋サイト内で、直販農家の紹介をして行くという話をした時の、先方の反応は・・。

「いくらあなたが、農家のお茶を飲んで欲しい、価値があるとサイトで紹介をしたとしても、私には買えないわ。一つの農家からお茶を何千円ずつも、わざわざ取り寄せて買えないもの。」

という返事でした。
もう、そりゃそうだ!と言う感じです。
その方は、私と初めてお会いした方。東京住まいの女性です。本人は深く考えていないでしょうが、私にとっては、はっと我に返った一言でした。

P1020902.jpg

「想いを伝える」と言う事は大切だけれど、それだけじゃダメ。
きちんとお客様の手元で、美味しいお茶として再現出来るまで、どのようにお付き合い出来るか?そのための方法を考えることになりました。

結局今までの私は、かなり言葉ばかりの自分都合な事を言っていたのだと気づきました。

それから、オープンが遅れると思いながらも、一からもう一度考え直して話合いをし、やっと形が落ち着いてきたというのが今の状態です。

お茶を皆で飲むことも楽しめ、飲みながら自分の嗜好やお茶の美味しさに目覚めたり、淹れ方に目覚めたりすることも出来るように。

販売って、奥が深い。^^
あの時、取材して下さった方には、本当に感謝しています。



posted by お茶うけ屋 at 16:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 立ち上げへの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。