2011年07月16日

とうとう新発売!夏を乗り切るお茶の登場です。

ブログ更新が、ず〜っと滞っておりました。
いかがお過ごしですか?

毎日、本当に暑いですね・・・。

そんな夏を乗り切るために、念願のハーブを新発売です。

『生のように新鮮なドライミント』

mint2.jpg

夏のミントティー。

身体の中からクールダウンするのに、最適です。

mint1.jpg

単体でもよし。緑茶とブレンドしても良し。
素直な味わいで、優しい香り。

私は、毎晩ほうじ茶にいれて飲んでいます。^^
ホント、す〜っとして気持ちが良いですよ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『生のように新鮮なドライミント』はこちらで紹介中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年09月02日

香りのスペシャリストとは?

ハーブの打合せに行きました。
香りの魔術師・・・。
あやしい人みたいかな?笑

では、改めて。香りのスペシャリスト赤根川さんと社長の鈴木さんの3人で、ハーブについて色々と話をしました。

4-1.jpg

香りのスペシャリテというのも種類があります。
彼は、香りを調合して、新しい香りを創り出すということではなく、植物が本来持っている香りを、そのまま植物の中に閉じ込めることができるという、スペシャリストです。

だから、外から香りを補強したわけではないんです。
素材が持っている香りを、そのまま生かしているいるだけのこと。

こう書くと、とてもシンプルに聞えますが、実はそれってものすごく難しいことなんですよね。
7-30-2.jpg
だって、葉っぱの類のハーブは、生の香りが抜群に良くても、乾燥すると枯れ草臭が立ち、生とは違う香りに変化します。これは、当然のこと。
4-3.jpg
今まではそれが当たり前だったので、それ以外の発想は生まれませんでしたが、この方の手にかかると、素材をそのまま生かしてくれるのです。

香りを外からプラスした訳ではなく、植物そのものの力。
青葉そのものの、香り。
そう、まるで広々とした草原に、自分が座っているような感じです。

だから、嫌味がないんです。
だから、飲み飽きないんです。
だから、リラックスできるんです。

香りは一般的な人工フレーバーよりも、淡く優しい味わいで、だからこそ、日本人には違和感がなく楽しめます。
4-2.jpg
この日も、植物を素材した、色々な香りの素を頂きました。
香りだけではなく、この鮮やかな緑色もポイントの一つ♪

ここから、どんな活用方法を見出すのか?
いつか、皆さんにも相談したくなるかと思います。^^
その時は、よろしくね♪

まずは、自分で使ってみよう〜!
料理にお茶に、バリエーションアップです。

2010年08月08日

「女性を喜ばせる香りのハーブ」

毎日、暑いですね。^^
お元気ですか?

今日は、ミント茶摘みの話の続きです。

ところであなたは、見たこともないものをまことしやかに話をされると、どんな印象を持ちますか?

私はつい、すぐに「へぇぇ〜!すごい、すごい!」と大喜びしてしまうタイプです。

はい、そうなんです・・・。
すぐに人にノセられるタイプ。^^;

でも、ご安心くださいね。そのあと冷静になり、「それってどういうこと?」とちゃんと我に返るので。^m^


そんな私なのですが、知り合ってもう7年位になる、食品の香りや色を研究している技術者がいます。

本当にすばらしい技術者で、知り合った頃から、いつも会う度に、私が「へぇ〜!へぇ〜!」と喜ぶので、おもしろがられていました。

私の想像を超えた・・・、というよりも、想像したこともないような天然素材の食品を目の前に見せられて、戸惑うこともしばしばあったくらいです。

<技術者との出会い>

私にとっては、ただのおじさんですが(^c^)、この方の技術は本物です。

初めて、JAでこの方の創り出す加工品を見た時に、
「この技術は、きっとこれからの農産物の加工品に、大きな影響を与える気がする!」

と興奮して、すぐに「もっと話が聴きたいです。会社に行ってもいいですか?」とお願いをしました。

それはもう、わっくわくの連続!
私を含めた!若い女性が喜びそうな商品が、目の前に飛び出してきます。すごいのですよ。

でね。その後どうなったかというと・・。

当時の私は、この画期的な加工技術が、逆に今度、恐れ多く感じてしまい、何か一緒に商品を作るまでの関係が作れなくなってしまいました。

なんだか、相手の世界が大きすぎてしまうんです。

それでも、不思議とご縁は続き、いつも付かず離れずの仲。

それがね・・・・!

やっとここに来て、一緒に動けることが出来そうなのです。


それが、『女性を喜ばせる香りのハーブ』です。

正直私にとっては、恐れ多いくらいの技術なのですが、

それをあなたの暮らしの中に還元出来れば、あなたを含めたここに関わるあらゆる人たちが、幸せを感じてもらえるんじゃないなか?と考えると、本当にわくわくするんです。

でも、一人で作り上げると、独りよがりにもなってしまう。
だからこそ、あなたの声もこれから色々と聴かせてくださいね。

ネットでは、香りは届けられずに残念です。


でも、私たち生活者が、自分たちが欲しいものを、そういう技術を持っている方の力を借りて、商品化していく。

そういうことが出来たら本当に素敵だなと思います。


*************************

お茶うけ屋は、日本茶農家が作ったお茶を国内外に広げる役割として存在していますが、そのお茶をどう楽しむか?を決めるのは、あなたの好みやその時の気分だと考えています。

あなた自身がお茶のある暮らしを楽しむために、私たちは最善を尽くしたい!と、考えています。

農家が作ったお茶は、「鮮度」を茶葉に閉じ込めた本物ばかりです。

それに劣らない、植物本来の香りを留めたハーブを一緒にご提供出来ればと思っています。

*************************




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。